7月 23 2014

住宅ローン返済が滞ったときに相談できるサイトとは

過去の状況から大きく変わってきたということは往々にして起こったりします。それは私たちを取り巻く社会情勢の変化による影響も多いのが現実です。勤めている会社の経営が悪化し、賞与もほとんどでなくなったり、人員削減のためのリストラの対象となり、退職を余儀なくされた方など、日本各地にそのような方は多く存在しているのが現状のようです。

すでにローンで住宅を取得された方はその返済が重荷となり、毎月の返済が滞ったり、遅れたりするケースが発生し、最悪の場合、差し押さえになり、競売にかけられ、通常より破格の値段で売却するといった事態にもなりかねません。そのような事態になる前に専門家に相談されるのがベストです。そのような相談に応じ、最適なアドバイスとそのお手伝いをしているのが大成有楽不動産販売株式会社の運営している「任意売却サポート」のサイトです。

このサイトではローン返済における毎月の返済での悩みや債権者・共有者からの競売申立てに対する不安などから脱するためのアドバイスや解決への道筋をたてるお手伝いをしています。住宅ローンの延滞・滞納を解決する方法の一つとして任意売却があります。大成有楽不動産販売株式会社はお客さまそれぞれの状況に応じて問題を解決するための方法を提案し、任意売却をはじめとした解決へと結びつけるお手伝いをしています。

督促状・催告書が届いたり、差し押さえになった際は、まずはご相談を。大成有楽不動産販売株式会社がご支援いたします。この任意売却サポートのサイトへアクセスされ、気になる点は気軽に問い合わせをされることをおすすめします。



6月 18 2014

家を借りるときに必要な初期費用とは

賃貸で家を借りて住む場合には、家賃に注目をして物件探しをする人がほとんどだと思います。家賃は毎月支払いをしていくものですから、もちろん自分が生活の中で払っていけるような金額を探さなくてはいけません。でも、家賃にばかり注目をしていてもいけません。

賃貸で家を借りる場合は、初期費用についても注目をして家探しをしましょう。初期費用というのは、敷金や礼金、保証金、前家賃などのことを言います。大体目安としては、家賃の6ヵ月分ぐらいは用意しておかないといけません。そのため、毎月の家賃が高い物件を選べば選ぶほど、高い初期費用が必要になります。

敷金というのは、賃貸で住んでいた家を引っ越しする場合に、次住む人のための修繕を行う際の費用として使われます。基本は使う分だけを差し引かれ、残りは返してくれる仕組みです。礼金というのは、大家さんへのお礼のお金ですから、これについては戻ってくることはありません。初期費用はまとめて提示されることが多いのですが、きちんと何に使われるお金なのか、確認をするようにしましょう。納得した上で契約をしてください。初期費用についても礼金を中心としてお願いをすると減らしてくれる場合もありますので、一度相談してみましょう。



8月 23 2013

注文住宅に自信あり!!アビリティーホーム!!

注文住宅 八王子
東京の八王子に「HOME’S注文住宅部門1378社中1位」を獲得した工務店があります。その工務店とは「有限会社アビリティーホーム」です。アビリティーホームは八王子を中心とした多摩地区全域が建築エリアの地域密着型工務店です。地域密着型だからこそどんなことにも迅速に対応することができ、メンテナンスやアフターサービスなどを充実させることができます。

アビリティーホームは注文住宅以外にもトイレ・バスルームのリフォーム、マンションのリフォームなども行っています。注文住宅はその家族のライフスタイルに適した、一番暮らしやすくずっと居心地の良い家を提案してくれます。100の家族があれば100のプランやデザイン、ライフスタイルが存在します。1つとして同じ注文住宅は存在しません。

アビリティーホームでは偽りのない、明朗会計をお客様に提示しています。また、住宅ローンアドバイザーがお客様の目線に立ち的確なアドバイスや情報を提供してくれます。住宅ローンは長期間組む方がほとんどです。無理のない返済プランを住宅ローンアドバイザーが提案してくれます。

夢のマイホームだからこそプランやデザイン、ローンなども後悔したくありませんよね。地域密着型のアビリティーホームだからこそできることがあります!
気になった方はhttp://www.ability-h.co.jp/gallery.htmlをご覧になってくださいね。



6月 7 2013

一戸建てで出来る防犯

一戸建てに住んでいると、いつ空き巣や泥棒に入られるか分かりません。

自分がいない間に侵入されたら、貴重品を根こそぎ奪われてしまうでしょう。

場合によっては被害も大きくなります。

空き巣などから実を守るためにも、普段からの防犯が大切です。

警備会社に住まいの防犯を依頼する方法もありますが、毎月一定の出費が必要になります。

なるべく出費を控えたい場合には費用がネックになってしまうでしょう。

もちろん警備会社の利用が一番ですが、自宅でも手軽に利用できる防犯グッズは多数あります。

ホームセンターで各種グッズを購入し、利用してみるのがおすすめです。

市販されている主な防犯グッズはさまざまあります。

もっとも手軽なものであれば、ブザーやセンサー類を取り付けるのが良いでしょう。

一戸建ては路地に面したサッシや窓、そして裏口など泥棒が侵入しそうな死角はとても多くあります。

千円前後で購入できるセンサーを取り付けるだけでもかなり効果を発揮してくれます。

なるべく普段死角になりそうな場所に取り付けることが大切です。

人の気配を感知して点灯するセンサーライトも効果的です。

侵入者は光や音に敏感ですので、ブザーと合わせると効果も高まります。

センサーライトは自宅の入り口に設置するようにしましょう。